Loading

ブログ

名古屋でアートにふれたいなら名古屋市美術館

名古屋でアートにふれたいなら名古屋市美術館

名古屋へ行くのなら、定番の東山動物園や名古屋港周辺だけではなくて、アートにも触れてほしいです。おすすめの場所は名古屋市美術館です。

市の施設なので、入館料は常設展が300円となっており、気軽に入れるというのもありがたい点です。地元を代表する作家の作品だけでなく、世界的にも有名な作家の作品が見ることができます。コレクションの中には草間彌生であったり、藤田嗣治などもあります。

常設展だけでなく、常設企画展や特別展など様々な企画が行われているという点も、他の美術館にない試みだと思います。いつでも楽しめるという点が良いですね。一度訪れたことがあるという人も、何度でも楽しめるようになっています。館内にあるコーヒーショップでは、体に優しいメニューが楽しめるので、美術鑑賞をした後にはゆったりと過ごすのも良いですよ。

美術館のプロモーション案

まずは潜在層に対して興味関心を作り出すためにFacebook広告、Twitter広告、Instagram広告を配信します。SNS広告の特徴としては、いいねやリツィートなどの拡散機能により二次的な効果を期待することも可能です。リスティング広告は具体的に検討している顕在層へ即効性のあるアプローチが可能なのに対し、SNS広告は中長期的に顧客を開拓していく手法のため、将来的な見込み客・新規顧客を得る目的で配信します!GoogleやYahooのディスプレイ広告も同様の目的で使用することが可能のため、併用することでより多くの方に商品やサービスの魅力を伝えることが可能です。
またLINE@はLINEビジネス版のことで、LINEを利用してお客様へ情報を発信することが可能です。LINEは男女問わず幅広い世代で使われているため販促プロモーションとしてとても有用です。LINE@の特徴として、友だち登録後のアプローチになりますので、新規顧客を開拓するツールではなく、既存顧客に対し再来店(再訪)を狙うために使用することが多くなります。まずはホームページや店舗で友だち登録を促すアクション(バナーを貼りつける、POPやポスターを貼りだす、スタッフが声掛けする)を起こし、友だちの登録数を増やすことが大切です!その後、LINE@の機能(リッチメッセージ、メッセージ、クーポン、1:1トーク、アンケート、キーワード応答、タイムライン、ショップカード、PRページ)を利用し、既存顧客へ情報を発信、再来店(再訪)へつなげていきます!ファンやリピーターなど固定客を獲得するためにLINE@はとても重要です。

集客サポート

ビスツーではホームページの制作・運用だけではなく、リスティング広告やディスプレイ広告、またFacebookやTwitter、Instagram、LINE@を活用した集客サポートも実施しています!ここ最近はInstagramを活用したブランディング(認知度向上)、LINE@を活用した店舗への集客を積極的に行う企業様、店舗様が増えてきておりますので、ビスツーでは岐阜や名古屋を中心に日本全国の中小企業様・個人事業主様を全力でサポートしていきたいと考えています!将来的に岐阜でLINE@、岐阜でインスタグラムと言えばビスツー!名古屋でLINE@、名古屋でインスタグラムと言えばビスツー!と思っていただけるよう丁寧親切な対応はもちろんのこと、正規代理店や認定パートナー同様、お客様の目的や目標(KGI,KPI)を達成できるように効果や結果にこだわった企画提案や運用サポートを実施してまいります。
ビスツーホームページではお客様のプロモーション上の課題や問題をウェブを活用して解決できるような企画をご提案、また必要に応じて広告運用や配信代行、管理設定サポートもさせていただきますので、ウェブを活用したプロモーションでお悩みがある方はぜひ一度、ビスツーホームページへお問い合わせください!

無料で格安なホームページ制作


ビスツーホームページの特徴
ビスツーホームページは名古屋・岐阜を中心に日本全国のお客様へ、制作費無料でホームページを制作しています!管理維持手数料も格安、契約期間の制限もありませんので不必要になればいつで解約可能だからとても安心です!さらに全てスマホ対応のレスポンシブデザインでユーザビリティや視認性もばっちり。充実した機能で有用なホームページに仕上げています。さらにワードプレスで制作しますので記事追加・更新も可能です。制作後のホームページ運用からネット広告配信、アクセス分析、SNS活用などのサポートも充実していますので、興味のある方はぜひ問い合わせフォームよりご連絡ください。もちろん相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください!
問い合わせ

ディスプレイ広告とリスティング広告の違い

ホームページ制作で大切なことは「読み手の立場」

関連記事

  1. 岐阜市の観光地はやっぱ金華山

    2020.07.10
  2. 車で岐阜観光するならモールめぐり!

    2020.01.20
  3. 名古屋で子連れの家族にもオススメ「レゴランド」

    2020.07.20
  4. 名古屋で見て触って遊べる日本独楽博物館

    2020.06.25
  5. 岐阜市のお勧め観光地はカラフルタウン岐阜

    2020.05.20
  6. 名古屋の観光地といえば東山動植物園

    2020.08.08

広告関連記事

名古屋・岐阜のおすすめ

PAGE TOP